女性

うつの診断でこまめにチェックを行ないうつ病を予防しましょう

うつ病の再発は防げます

女の人

うつ病の再発を防ぐには

うつ病は、一度治ってもまた何らかのはずみで再発する可能性が高い病気です。特に、治療中の場合はそれが顕著であり、些細なきっかけでまた症状がぶり返してしまう可能性があります。こういったぶり返しはできるだけ起きないように、常日頃から予防を考えましょう。うつ病の予防で最も大事なのは、ストレスを感じないということです。ストレスが溜まることによって人の体は不調が発生し、うつの症状が現れます。つまり、逆に言えばストレスがたまらないようにすれば再発のリスクを限りなく少なくすることができるというわけです。そんな再発を防ぐための方法は、質の良い睡眠をとることから始めましょう。ストレス発散においてもっとも重要なのは、睡眠です。人は睡眠中にストレスを発散することができ、逆荷室の悪い睡眠をとることでストレスは蓄積してしまいます。そのため、ストレスの発散は極めて重要な問題となるのです。しかし、うつ病の場合不眠症担っていることも多く、過眠症でも質の悪い睡眠を取っているためストレスは溜まりやすいです。よって、ぐっすり眠るための対策を考えましょう。

日光を浴び、診断を受ける

快眠のためにできることは、日光を浴びることです。人は、日光を浴びることにより脳内物質であるセロトニンを分泌します。セロトニンは感情のブレーキを司る物質であり、怒りや焦り、悲しみといった感情もセロトニンによって和らげることができます。これにより、うつ病特有の感情障害を抑えやすくなります。それだけではありません。セロトニンは、快眠を司る物質であるメラトニンに変わり、就寝時に眠りを誘発させます。うつになると寝不足になるのはメラトニンが不足しているということもあり、心療内科の診断で薬を処方される時はセロトニンの分泌を促す作用であるものが多いです。セロトニンを浴びるために日光にあたる場合、早朝の散歩などがおすすめです。朝規則正しく置き、体を動かすことで体を疲れさせることができ、夜中になるとぐっすり眠りやすくなります。また、こまめな診断をして、カウンセリングを受けるのも予防に役立ちます。こまめな診断でどのくらい改善しているのかを知ることができれば、達成感によって気分が高揚し、ストレスの発散に役立ちます。