女性

うつの診断でこまめにチェックを行ないうつ病を予防しましょう

テストによってわかること

カウンセリング

気づかぬうちに

うつ病の恐ろしいところは「自分でも気づかぬうちに進行している」ということです。最近やたら寝付きが悪くなったなと思いきや、急に無気力になってしまい、体調もおかしくなってきたので診断を受けた結果うつ病になっていた。というケースもあります。ほかにも、引っ越しなどで急に環境がガラッと変わり、一通り引越し先にも慣れた途端にうつを発症するケースもあります。これらはほとんど自覚症状がなく、気がついたら深刻な事態になっていたということが当てはまります。このように、うつというのは日ごろ気をつけていないとその兆候すらわからないことが多いのです。よって、日頃から予防をすることを考えておきましょう。うつを予防する上で重要なのは、なんでも自分で溜め込まず、ストレスを発散することです。うつになりやすい人の特徴として、完璧主義だったり、我慢強かったりと、なんでも自分で背負い込み、ストレスを溜め込みやすい人が当てはまります。逆にうつになりにくい人として、なんでも人に相談したり、弱音を吐きやすい人が挙げられます。弱音を吐くことで自分の中の鬱屈も一緒に告白することで、ストレスの発散になっているからです。

診断で予防

うつを防ぐ方法として、ストレスの発散がありますが、他にもこまめに診断を行なうという方法もあります。診断によって自分はどんな状態化を知ることができ、どうすれば良い尚可というアドバイスを聞くことができるからです。そのため、こまめな診断は予防に最適です。また、診断の際に自分の現状を吐露することでストレス解消にもつながります。「たしかに最近きついけど心療内科に行くほどでもないし、少し病院は怖い」という場合は、インターネットのホームページで見ることのできる無料診断を行ない、現在の自分をチェックしてみましょう。無料診断でも様々な情報を得ることができ、自分の現状を知ることはできます。しかし、より詳しく知り、適切なアドバイスをもらいたいのでしたら心療内科に行き、カウンセリングを受けたほうが確実です。