女性

うつの診断でこまめにチェックを行ないうつ病を予防しましょう

うつ病だといわれた場合

女医

うつ病になったら

診断の結果、自分がうつ病だといわれた場合、治療に専念することになります。うつ病は寛解(ほぼ完治に近い状態のこと。うつ病は再発のリスクもあるので完治ではなく寛解と呼ばれる)に年単位の時間を要しますが、初期状態ならばまだ比較的症状は回復しやすいです。うつ病の治療プロセスは、投薬によって回復期を早めることにあります。うつ病は、発症したら最初のうちは無気力になり、激しい感情障害が起きることによってしばらくふさぎ込むことが多くなります。また、不眠症になることも多いので激しい眠気に襲われることもあり、とにかくストレスの多い時期になります。これを投薬によって徐々に正常に戻すことで回復期に差し掛かります。回復期になると発症前のときのように活動することができるようになりますが、たまに激しく気分が落ち込むこともあります。この状態の間にカウンセリングや投薬治療を行なうことで寛解へと近づきます。

うつ病はどうやって治すのか

うつ病だと診断され、薬が処方され始めた場合、その薬は用法用量を守り、きちんと飲みきらなければなりません。うつ病になると思考力も低下し「飲まなくても大丈夫」と勝手に判断し、飲むのをやめてしまう人が多いです。そうなると、結局病状は悪化し、寛解までの道のりは遠のいてしまいます。そのため、用法用量をきちんと守り、飲みましょう。なお、うつ病の治療の際に飲むお薬は抗うつ剤と呼ばれるものであり、種類によって効果や副作用は違います。診断及び診察のときに判明する病状によって服用するものは違うので、診断及び診察を行なう時はきちんと質問に答えましょう。もう一つであるカウンセリングは、診断及び診察の際に行なうこともありますが、こちらは自分の悩みを打ち明けるときに行ないます。悩みを話すというのは自分の鬱屈した気持ちを吐き出すことができるため、うつ病治療に効果的といわれています。よって、カウンセリングは投薬治療に並んでうつ病治療に有効なので、ぜひ受けて悩みを聞いてもらいましょう。