女性

うつの診断でこまめにチェックを行ないうつ病を予防しましょう

付き合い方が大事

婦人

うつ病の人と向き合う

うつ病は、誰にでも掛かる可能性があります。自分だけではなく、家族や友人がうつ病になることもあります。その場合、うつ病になった人との付き合い方はいつもどおりに接してはいけない場合もあります。ここでは、自分ではなく自分の家族や知り合いがうつ病だと診断で判明した場合についてお話しましょう。この場合、やるべきことよりもやってはいけないことに注目する必要があります、やってはいけないことの一つに「うつになった原因探し」というものが挙げられます。というのも、うつになった原因は様々な要因が絡み合ってできるものであり、必ずしも一つだけではないからです。また、特定は専門の医師でも非常に困難であり、素人判断で決めつけてしまうのは大変危険なことになる可能性があるのです。しかし、なにか明らかにストレスの要因となっているものがあれば、それをできるだけ遠ざけるようにしましょう。他にも、「頑張れ」などの励ましの言葉をかけるのもできるだけ避けましょう。本来ならば励ましのエールに聞こえるかもしれませんが、うつ病の人はすでに一杯一杯になるほど頑張っており、それでもなおこういった言葉を投げかけられると「自分は頑張ってないと思われているのか」と思い込み、ますます症状が悪化していってしまいます。よって、接し方には十分注意しましょう。なお、家族がうつ病になった場合、診断や診察の際に処方されたお薬はきちんと最後まで飲むようにしっかりと管理してあげましょう。うつ病の場合、そういった判断ができないのでいっその事代わりに管理してあげるのも有効です。そして、うつ病の人の看病を行う場合は自分もこまめな診断を受けてうつ病になっていないかどうかを確認するのも重要です。うつ病というのは伝染するものであり、気がつけばうつ病になり、診断で自分も発症していると気づくことは結構あることです。うつ病は、誰かに話を聞いてもらったり、家族や友人の理解があれば、より回復の速度は早くなります。やってはいけないことや禁句には気をつけ、きちんと向き合うことで家族の回復は一日でも早くなる可能性があります。自分の健康を気にしつつも、できるだけ向き合ってあげましょう。