早期発見で早めに治療を始めましょう

うつの診断でこまめにチェックを行ないうつ病を予防しましょう

診断の重要性

男の人

うつ病の基本情報

うつ病とは、精神疾患の一つです。主にストレスが原因で発症するといわれており、発症することによって肉体と精神療法に症状が現れます。肉体的症状の中でも有名なのが不眠症です。他にも過食あるいは拒食症や、全身が筋肉痛になることもあります。うつは常に全身にストレスを感じるため、筋肉が緊張し続けています。その結果、筋肉に負荷がかかり、筋肉痛になるのです。精神的な疾患としては、無気力、無感動になるほか、感情障害が発生します。感情障害とは、自分の感情にブレーキが効かなくなる状態のことです。例えば、普段怒った場合、ある程度怒れば感情は落ち着きます。しかし、感情障害にはそのブレーキがなく、際限なく怒りの感情が湧き上がってしまうのです。また、怒りだけではなく、落ち込むときも際限なく落ち込むので、より体にストレスがかかりやすくなってしまうのです。なぜうつ病になるとこういった症状が発生するのか。それは、症状の原因の一つに脳から発される神経伝達物質の量が減ったからだとされています。神経伝達物質には感情や感情のブレーキを司るものも含まれており、それらが不足することで無気力や無感情・感情障害が発生するとされています。

診断で予防ができる

うつ病で最も怖いのは、一度発症すると治療にかかる時間が早くても1年ほどかかることです。しかし、発症前の段階ならば数ヶ月で完治できるため、発症前に治すのが最も正しい治療方法といえます。発症前に未然に防ぐ方法の中でもお手軽なのが、診断です。ネットで検索すれば無料でうつ病診断が行なえ、簡単なチェックができます。より確実かつ専門的なチェックがしたい場合は、クリニックに行き、そこで直接カウンセリングを受けて診断を行ないましょう。診断を行なうことによって自分が今どんな状態かを知ることができ、うつ病になるリスクの有無を確認することができます。この確認を行うことで漠然とした不安からかいおうされる他、もし問題ありと判断できた場合は病院で発症する前に治療を受けてうつ病予防を行なうことができます。

うつ病だといわれた場合

診断の結果、自分がうつ病であると判別した場合、すぐに治療を開始することになります。うつ病の治療は主に投薬による治療やカウンセリングによる治療の2つを行うことになります。

付き合い方が大事

もし、家族や友人が診断の結果うつ病だと判明したのであれば、接し方が重要になります。特に重視すべきは禁句を絶対にいわないということです。うつ病になった人は言葉の受け取り方が大きく異なります。